サロンと全身脱毛

人気記事ランキング

ホーム > > 福島原発燃料取り出し作業開始

福島原発燃料取り出し作業開始

東京電力福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールの燃料取り出し作業で、東電は21日、燃料22本を収納した輸送容器「キャスク」を100メートル離れた保管設備「共用プール」に搬入したそうです。

事故後、原子炉建家からの本格的な燃料運び出しは初めてだそうで、22本は今後、共用プールで冷却・保管されるそうです。

日程は未定だそうですが、東電は初回の作業を検証し、問題がなければ2回目の作業に入るそうです。

新たな被害などを起こさないためにこうしてゆっくりとした進みになっているのでしょうが、被災地の方からしたらもっと早く処理できないものかといち早い復興に期待や不安を募らせていることでしょう。
私は想像することしかできませんが、実際に被害に遭われた方や、家族が今も危険な現場で働かれている方は気が気じゃなく毎日を過ごされ、「早く安全な場所に」と願われているはずです。

東電には一刻も早い、安全な対策をしていってほしですね。
私は何かあったときのために災害対策グッズをカードローンを利用して借りるつもりです。
さらにこちら(⇒カードローンまとめる計画※低金利銀行カードローン借り換え指南で書かれています。